アイカーン氏、アップルの対応を評価

140億ドル規模で自社株買い実施済み

2月10日、米著名投資家のカール・アイカーン氏は、これ以上アップルに対し自社株を買い入れるよう主張する必要はなくなったとの見解を示した。ニューヨーク証券取引所で2007年6月撮影(2014年 ロイター/Chip East/Files)

[10日 ロイター] -米著名投資家のカール・アイカーン氏は10日、米アップルが自社株買いを実施したことを受け、これ以上同社に対し自社株を買い入れるよう主張する必要はなくなったとの見解を示した。

アイカーン氏はアップルの株主に宛てた書簡を自身のウェブサイトに掲載。そのなかで、自社株買いに対しアップルのクック最高経営責任者(CEO)と同社の取締役会は「機をとらえ」、「積極的な」アプローチを示したと評価した。

アップルは前週、第1・四半期(2013年10─12月期)決算発表から2週間の間に140億ドル規模の自社株買いを実施したことを明らかにした。

プロキシー・アドバイザリーのISSは前日、アップルの株主に対し、アイカーン氏の自社株買いの提案に賛成しないよう推奨している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。