19.5%--1日50本以上の携帯メールを送受信する中学2年生の割合《気になる数字》


 文部科学省が全国の小・中・高校生を対象に昨年11~12月に実施した調査によると、自分専用の携帯電話を持っている子どもの割合は、小学6年生で25%(うち女子31%)、中学2年生で46%(同53%)、高校2年生になると96%(同98%)にも及ぶ。

携帯電話の利用状況を見ると、1日に10分以上通話するのは小・中・高校生ともに2割弱だが、1日50本以上のメールを送受信している中2が19.5%、3時間以上インターネットを閲覧する高2が11.5%に上り、深夜の利用も多い。利用場面も多様化し、高2の場合、自分の部屋にいるときや放課後・帰宅途中のほか、4割超が起床から登校途中で、また2割前後が授業中や食事中、入浴中に「よく・ときどき使う」と答えている。

個人差はあるが、携帯電話が生活の中で大きなウエートを占めると、睡眠時間など生活全般に影響が及ぶ。また、チェーンメールや迷惑メールを送られた、ネットの掲示板やメールで悪口を書かれた、他人につきまとわれた、個人情報が流出したなど、何らかのトラブルを経験した中2・高2生が7割を占めている。

他方、携帯電話を買い与えた保護者の側は、利用料金負担こそ心配するものの、利用実態の把握、携帯電話の危険性の説明や利用ルールの設定といった点ではいささか心もとない現状にある。子どもたちの利用の広がりに追いついていない格好だ。
(統計月報編集部)

※写真と本文は関係ありません

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。