自然体 自分のサッカーを貫けば、道は開ける 遠藤保仁著

自然体 自分のサッカーを貫けば、道は開ける 遠藤保仁著

サッカーW杯日本代表不動のボランチとして活躍する著者の熱い想いと、独創的なサッカー哲学を語った一冊。

前回のドイツ大会では、ベンチに入りながらもピッチに立つことができなかった唯一のフィールドプレイヤーとして辛酸を舐めるも、挫けることなくJリーグ通算70得点以上を叩き出す。それはひとえに、焦らず腐らず「自然体」でプレーしてこられたからだ。直感を研ぎ澄まし、迷いなく決断しているので、いいプレーにつながることが多い。中村俊輔が「完璧主義者」なら、自分は「気分屋」だろう。ファンの度肝を抜くといわれるあの「コロコロPK」は、GKが重心をかける足を見つつ、先に動いた逆に蹴る。それが彼の技術だ。

小学館101新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。