ECBが主要政策金利を据え置き

デフレリスクを見極めへ

2月6日、欧州中央銀行(ECB)は6日、主要政策金利を0.25%に据え置いた。写真はフランクフルトのECB前で2013年9月撮影(2014年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 6日 ロイター] -欧州中央銀行(ECB)は6日、主要政策金利を0.25%に据え置いた。来月発表されるスタッフ予想を見極めようと、今回の理事会ではデフレ阻止に向けた新たな措置は見送った。

上限金利の限界貸出金利は0.75%に、下限金利の中銀預金金利もゼロにそれぞれ据え置いた。

ドラギECB総裁はこの後、1330GMT(日本時間午後10時半)から記者会見を行う。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。