ジャーナリズムの可能性 原寿雄著

ジャーナリズムの可能性 原寿雄著

共同通信の編集局長を務めたジャーナリストが、メディアの諸問題を考察。執筆のきっかけは読売新聞グループ本社の渡邉恒雄会長・主筆による「大連立工作」などの政治活動に「厳しい批判がないこと」への危惧だったという。

「ジャーナリズム滅びて民主主義亡ぶ」という懸念さえ現状にはある。権力との癒着や批判精神の欠如、強まる自己検閲などの内容の劣化に加えて、経営面でもインターネットの成長によるテレビや新聞の収益環境の悪化が進んでいる。解決策は「良質でオリジナルな公共性の強い情報をどれだけ収集・分析・発信ができるか」という原点に戻ること。「ジャーナリズムにはなお期待できる」というのが総括だ。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。