タタ・モーターズ、4年ぶり新モデル発表

低迷するインドの国内販売テコ入れへ

2月3日、インドのタタ・モーターズは4年ぶりに小型車の新モデルを2種類発表した。国内販売の巻き返しを図る。写真は2013年5月、ムンバイで撮影(2014年 ロイター Vivek Prakash)

[ニューデリー 3日 ロイター] - インド最大手の自動車メーカー、タタ・モーターズは3日、4年ぶりに小型車の新モデルを2種類発表した。海外メーカーとの競争激化で減少する国内販売の巻き返しを図る。

インド自動車業界団体によると、タタの4─12月の国内販売は前年比37%減少。今年度(2014年3月31日までの1年)の業界全体の販売が2年連続の減少が見込まれる中、最も落ち込みが激しい。

金利や燃料コストの上昇が販売低迷の原因。そうした状況の挽回を目指し、タタは今回、販売の大半を占める小型自動車市場にハッチバックの「ボルト」とセダンの「ゼスト」を投入する。

両車種は5日に報道公開が始まるインド自動車ショーで披露される。

乗用車部門の責任者アンクシュ・アローラ氏は「市場の観点に立つとコンパクトセダンとハッチバックは明らかに最大のチャンスをもたらす」と語った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。