米新規失業保険申請、34.8万件に増加

労働市場の改善基調は続く

1月30日、米新規失業保険申請件数は、前週比1万9000件増の34万8000件となった。写真はロサンゼルスの就職フェア会場で2013年11月撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ワシントン 30日 ロイター] -米労働省が発表した1月25日までの週の新規失業保険申請件数は、季節調整済みで前週比1万9000件増の34万8000件となった。予想を上回る増加となったが、雇用市場の改善基調は続いていることが示された。

市場は33万件への増加を予想していた。前週分は当初発表から3000件上方修正された。

雇用市場の基調をより正確に示すとされる4週間移動平均は750件増の33万3000件だった。

労働省のアナリストによると、今回の集計ではルイジアナ州が推定値で、州レベルのデータに影響を与えるような特殊要因はなかったと説明している。

当該週はキング牧師誕生日の休日があった。祝日によって申請件数が振れやすくなる傾向がある。

1月18日までの週の受給総数は1万6000件減の299万件だった。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。