グーグル、度付きレンズ対応フレーム公開

アイケア保険とも提携、普及拡大目指す

1月28日、米グーグルは、眼鏡型端末「グーグル・グラス」の年内発売に向け、度付きレンズ対応のフレームなどを公開するとともに、アイケア保険大手と提携すると発表した。写真はグーグル提供の映像から(2014年 ロイター)

[サンフランシスコ 28日 ロイター] -米インターネット検索大手グーグルは、眼鏡型端末「グーグル・グラス」の年内発売に向け、ファッショナブルな度付きレンズ対応のフレームなどを公開するとともに、アイケア保険大手ビジョン・サービス・プラン(VSP)と提携すると発表した。

グーグルによると、グーグル・グラスを度付きレンズに対応させるため、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルスで、VSPの検眼医をトレーニングしている。また、VSPの保険加入者が同フレームを購入した場合、保険が適用されるようになるという。

グーグルは27日にフレーム4つのほか、数種類のサングラス・シェードをウェブサイト上で公開。価格はフレームが225ドル、サングラス・シェードが150ドル。

グーグル・グラスは現在、米国内の限られたユーザーのみが1台1500ドルで体験しているが、グーグルによると、年末にかけてより低価格で一般販売される見通し。

これまでのグーグル・グラスのデザインには冷やかしの声も聞かれたが、一般販売前のイメージチェンジで普及拡大を目指す狙いがあるとみられる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。