オバマ・ショック 越智道雄・町山智浩著

オバマ・ショック 越智道雄・町山智浩著

「オバマ政権で対日圧力がかかるから大変」は不思議な議論。日本はいま、貿易赤字相手国の4位、大した脅威ではない。対日輸入品はほとんど車で、むしろトヨタに手伝ってもらう必要がある。オバマは6カ国協議を高く評価、北朝鮮を使って中国を東アジアを舞台とする交渉の枠組みに取り込むことが狙い。同時にインド亜大陸を舞台とする協議機構を用意して、この二つの協議体で中国をサンドイッチにするつもり。4年前にアジア、日本への対応が巧みとして共和党のブッシュ再選を礼賛した人に聞きたい、何かメリットがあったか、と。

比較文化研究者と在米コラムニストが「黒人大統領を救世主と仰いだアメリカ」の近過去と未来を対論。

集英社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。