サラリーマンNEO流、「自分を変える」技術

30過ぎまで不発の人間でも、変われるか?

NHK伝説の番組「サラリーマンNEO」のディレクターも、30代前半までダメ社員だった?(写真はDVD『サラリーマンNEO ザ・ベスト』より。発行:NHKエンタープライズ 販売元:ポニーキャニオン ©2011 NHK)

Chapter1  30過ぎて、変われるか?

30代になると、そろそろ自分の今後が気になり始めます。同期との差も生まれ、能力もうすうす見極められ、このまま人生終わっちゃうのかと絶望し、だんだん自信がなくなります。変わらなきゃと焦るものの、日々の業務に忙殺され(という言い訳をしながら)、ただ時間ばかりが過ぎていく。

僕もそんな中のひとりでした。

NHKに入局し、報道志望だったのに芸能番組部に配属。のど自慢から始まり、広島に転勤し、4年間過ごし、東京に戻り、また旅番組や歌番組を担当し、気づいたら32歳。これといった番組も作らず、与えられた仕事をこなす毎日でした。

同期は「紅白歌合戦」のメインどころの担当。僕はNHKホールの外で交通整理……。同期との差は広がるばかりでした。しかも、NHKのディレクター人生は意外に短く、37歳ぐらいになるとデスクとよばれる管理職予備軍になります。結果を示せる残された時間はわずか。焦っていました。

それから12年。一回りして44歳の今年の僕は、大ヒットした朝ドラ「あまちゃん」と年間最高視聴率の紅白歌合戦、この国民的番組の両方の演出をする名誉を授かりました。NHK史上誰もいません。ま、正確には朝ドラ「あまちゃん」のセカンドディレクターとして26週中の7週分担当し、紅白では「あまちゃん」コーナーの演出ですが……。それでも両方携わるなんて、32歳の僕の状況からすると誰も(もちろん自分も)まったく想像もできないことでした。なぜ、それができたか?

自分が「変わった」からです。

変わることで悪循環から抜け出し、好循環へと入って行きました。ではどうやったら変わるのか? 昨年執筆した『発想をカタチにする技術』(日本実業出版社)でも少し触れましたが、改めて今回は、その秘訣を書きます。

Chapter2 限界を認めることが出発点になる

僕が好循環に入ったきっかけは、「サラリーマンNEO」です。それは、たったA4、1枚の企画書から始まりました。「サラリーマンNEO」は、サラリーマンの悲哀を題材に、個性派俳優が演じるコント番組。生瀬勝久さんや沢村一樹さんが職場にいるような人物(※セクスィー部長は除く)を生き生きと演じてくれました。

当時、お固い番組ばかりのNHKで、突然、現れたコント番組は、衝撃を与えました。以後、シーズン6まで続き映画にもなりました。NHKでありえない番組は、どうやって思いついたのか?とよく聞かれます。正直に書きます。

次ページ生瀬さんからの強烈なダメ出し
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。