災害時に通信をつなぐNTTの「ICTカー」

避難所の情報もデータベース化

これがICTカー。サーバーなども搭載しているのが、これまでにないポイントだ

大規模災害の発生時、救助や物資供給、復旧にあたって重要になるのが通信手段の確保だ。NTTグループでは、通信が遮断された遠隔地向けの対策として、移動基地局車(NTTドコモ)や車載型の衛星通信システム(NTT東日本、西日本)などを備えている。

 1月28 日、NTTが公開したのは、東北大学や富士通と共同開発中の「ICTカー」。ICTとはインフォメーション・コミュニケーション・テクノロジーの略で、つまりは情報通信技術。実にストレートな名称だが、被災地において通信機能を即座に回復させることに加え、避難所などで利用する被災者に関するデータ収集システムを搭載している点が特徴。発電機を備えているため、外部電源がなくても、最大で5日間程度の運用が可能だ。「東日本大震災以降、これまで蓄積してきた復旧関連のノウハウを盛り込んだ」(NTT未来ねっと研究所の坂野寿和主幹研究員)。

アクセスポイントを複数設置

画像を拡大
Wi-Fiアクセスポイント。これをICTカーの周辺に立てて、通信可能なエリアを作っていく

ICTカーにはサーバーや小型の交換機に加え、太陽光パネル、バッテリーを備えたアクセスポイントが搭載されている。アクセスポイントを複数設置することにより、半径500メートルの範囲でWi-Fiを利用した通信ができるようになる仕組みだ。約1~2時間程度で通信エリアを構築できるという。

利用者はエリア内に入り、専用アプリをインストールすれば、いつものスマートフォンで、同じ番号で通話することが可能だ(※アンドロイド端末の場合。iPhoneの場合も別途設定が必要になるが、利用は可能)。

大規模な避難所や役所、病院スタッフなどの連絡手段としての活用が想定されている。もちろん、光回線や衛星回線をICTカーと接続すれば、エリア外への通信、通話もできるという。

次ページNTTの安否確認サービスとの連携も可能
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。