革命のライオン 佐藤賢一著

革命のライオン 佐藤賢一著

主人公が相変わらず魅力的だ。体格、人相、音声(おんじょう)、行動、思考、みな型破りで、伯爵なのに平民議員のミラボーが獅子奮迅の活躍を見せる本編「小説フランス革命�」は、身分制議会である三部会で平民議員が貴族や僧侶たちを相手に主導権を争い、翻弄(ほんろう)され苦闘する革命前夜劇である。そして畏怖しつつもミラボーに傾倒するのがひよっこ平民議員のロベスピエール。2人の絡み合いが主旋律となって話は展開する。

18世紀末の新聞や文書を渉猟(しょうりょう)することで人物像のひだ、演説のあやに迫ろうとした労作でもある。著者一流の歯切れの良い文章によってルイ王朝末期の時代のうねりが読み手を襲い、弾ける小波さながらの心理描写は微細を極める。

会話も含め細部における瑕疵が少ないことも安心して佐藤ワールドに浸れる一因だろう。革命の火が燃え盛る続編『バスティーユの陥落』ではダントン、マラも加わり、歴史小説の醍醐味が味わえる。(純)

集英社 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。