グーグルが買収で「人工知能」にも触手

ディープマインド買収へ

1月26日、米グーグルは、人工知能(AI)と呼ばれるコンピューターサイエンス関連の非公開企業ディープマインド・テクノロジーズを買収することで合意したと発表。写真は同社のロゴ。昨年9月撮影(2014年 ロイター/Chris Helgren)

[26日 ロイター] -米グーグルは26日、人工知能(AI)と呼ばれるコンピューターサイエンス関連の非公開企業ディープマインド・テクノロジーズを買収することで合意したと発表した。

ハイテク関連のニュースサイトであるRe/codeによると、買収額は4億ドル。

グーグルの広報担当者は、買収価格に関するコメントを差し控えた。ディープマインドの代表者からのコメントも、今のところ取れていない。

ディープマインドのウェブサイト情報によると、同社は2012年にロンドンで設立され、電子商取引やゲームなどで用いるアルゴリズムの構築を手掛ける。

自動運転車やロボットなどのプロジェクトを進めるグーグルはここ数年、人工知能の分野に注力するようになってきている。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。