マザーハウスが問う、お客様との新しい関係

お客様はモノづくりの主人公になれる!

お客様に「主人公」になってもらう

ここでもう1点、プロセスの共有をお客様と行った、ひとつのアクションを紹介させてください。

私たちが、もう一歩、できたらいいなと思っていることは、そのプロセスの中でお客様に主人公になってもらうことです。私たちもいろいろと苦しんでいるのですが、ひとつのアクションを紹介いたします。

マザーハウスが最近、手掛けた商品開発のプロジェクトで、キャンサーソリューソンズさんとの乳がん経験者向けショルダーストラップの開発があります。キャンサーソリューソンズさんは、働く方々全員がガン経験者で、ガンに対する啓蒙活動などをメインに行っている会社です。

「胸の部分にバッグのひもが当たると痛い」

「手がしびれて、ファスナーが開けられない」

実は、乳がん患者の悩みの2番目はバッグのことだと聞いたのです。すぐにキャンサーソリューソンズさんと商品開発を一緒に行うことにしました。

9カ月の間、10人の乳がん経験者の方々と共に座談会を開き、サンプルの使用を通してバッグとストラップの開発を進めました。そして、その状況を逐一、ホームページにアップしていきました。

作っているときから、実際の患者さんから期待の声を多く聞きました。その声が、作り手の私たちにとっても強い力になりました。

でも、正直に言えば、そんなに数が売れるとは予測していませんでした。どうしても、一般的な商品ではない分、それほどマーケットが大きくないだろう、と。しかし、結果は3カ月で200個を超える大ヒットになりました。

このプロジェクトを通してわかったのは、モノづくりにおいても「お客様が主人公になれる」ということです。商品開発をしている途中、とても印象に残ったのは、乳がん経験者の方々の楽しそうに議論する姿でした。お客様しか持っていない「苦しみ」や「経験」が商品としてカタチになっていく、そのプロセスを主人公として楽しんでいただけている、そんな気がしました。

そして、「主人公」同士が共鳴するように、多くの乳がん経験者の方にこの商品が届いていきました。それだけではありません。乳がん経験者の方々に優しい商品は、一般の方々にも優しい商品なのです。大勢の方がそのプロセスと商品に賛同し、購入していただきました。

お客様に主人公になっていただければ、お客様自身が自分の経験として、多くの方々へ「商品」を伝えていきます。私たちが「モノを届けたい!」と思わなくても、お客様が届けてくれるのです。これこそがまさに、お客様に「プロセスを届けること」だと感じます。

今、「モノの売り方、買い方」の議論をしたい

すでにモノにあふれた社会の中にいる私たちは、モノを買う意味を失いかけています。モノが持つ機能のためにモノを買うという点においては、もう十分すぎるほどのモノに囲まれているのです。

これは、売り手と買い手の関係性、「モノを売る」という行為そのものに対して、新しい考え方が必要な時代が来ていることを意味しています。また、「モノの売り方」を考えるだけではなく、一個人として「モノの買い方」を考えることが必要な時代でもあります。

第1回は私たちマザーハウスの例を書かせていただきましたが、次回以降はさまざまなケースを通して、「モノにあふれた時代のモノの売り方、買い方」を議論していきたいと思います。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。