ファッショントレンド、仕掛人は誰だ?

高級ブランドがトレンドを発信し続ける理由

 おしゃれなモデルに派手なセレブ、ファッションピープルであふれるにぎやかなパーティ……。映画や雑誌で見るファッション業界の華やかなイメージは、人々を魅了してやまない。一方で、そのきらびやかなイメージの裏には、業界の戦略やしたたかな仕掛けが存在する。メディアからはなかなか伝わることのない、ファッション業界の舞台裏とリアルな現実を、ファッション・ジャーナリストが解説します!

 

 

皆さん、こんにちは!

前回は、ファッション業界でのキャリアパスについてお話しましたが、2回目の今回は、ファッションに興味がある方もそうでない方も、意外に多くの方が疑問に思っているファッション業界の謎”トレンド”について、お話します。

ファッション誌などでよく見かける“今年のトレンド”的なキャッチフレーズ。皆さんも、一度くらいは「いったい、誰が決めてんねん!」と、思ったことがあるかもしれません。では、その辺りについて、詳しく説明します。 

とその前に、質問です。<Yes/Noでお答え下さい>

あなたは、ファッション誌などで”最新トレンド”や”トレンド分析””ベストバイやマストバイ”といった言葉を見かけると、つい中身をチェックしてしまいますか? 

・Yesの人は、ファッション感度、高し。ファッショニスタの素質、十分にありですね。

・Noの人は、”服はあくまでも着るもの”のスタンス。トレンドよりも自分の感性を重視します。

トレンドという仕掛け

マーケティングの王道ですが、“トレンド”という言葉は仕掛けです。つまり、仕掛けの裏にはメリットを享受する人がいます。

“トレンド”と一口に言っても、さまざまな切り口の”トレンド”があります。まずは、いちばん身近で目につきやすい“トレンド”を発信している、ファッション誌や新聞など、消費者により近い“トレンド”発信の裏側からみていきたいと思います。それから、ややマニアックな業界的事情は後半にお伝えします。

次ページトレンド発信、影の黒幕?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
アマゾン膨張<br>追い詰められる日本企業

国内売り上げが1.2兆円に達したアマゾン。新サービスが続々と提供される一方で、物流、出版…その膨張ぶりを受け止めきれない企業も多い。敵か、味方か。その戦略の全貌に迫る。