人を見抜く技術 20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 桜井章一著

人を見抜く技術 20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 桜井章一著

著者は1960年代前半、麻雀の裏プロの世界で「代打ち」として20年間負けなしの無敗伝説を誇り、「雀鬼」の異名をとった勝負師。現役引退後、道場を主宰し麻雀を通して若者の人間力を鍛えている著者は、切羽詰まった場面より何げない日常にその人の人間性が表れるという。

誰もが持つ癖はその人の真実を表し、肩から指先の動きは心理状況を如実に物語るなど、立ち居振る舞いから読み取れる人の心性や性格を説く。部分ではなく大局をとらえる「全体眼」の重要性、麻雀牌を捨てる行為に表れる人の美醜、本来の力を出すために意識を一点に集中しないようにする「ながら」生活の推進など、勝負の世界で培った独特の感性で「人間」を語る。

講談社+α新書 879円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。