ジョン・フラネリー GEコマーシャル・ファイナンス・アジア社長 兼最高経営責任者(CEO)

ジョン・フラネリーGEコマーシャル・ファイナンス・アジア社長兼最高経営責任者(CEO)

米ゼネラル・エレクトリック(GE)が三洋電機クレジットをTOB(株式公開買い付け)で買収すると発表した。高すぎる買い物との声が上がるが、フラネリー氏は強気一辺倒だった。(『週刊東洋経済』4月7日号より)

三洋クレジットは成長可能 リストラの必要はない

1:三洋電機クレジット(三クレ)に対する買い付け価格1株3250円は、過去1カ月の平均株価に対し58%のプレミアムがついています。株式市場では「高すぎるのでは」との声が上がっています(同時に入札した新生銀行などはGEの半分以下の価格を提示したと言われる)。

 事務・IT機器などの小口リース・レンタルという三クレのビジネスモデルは当社が欧米で展開し、大成功しているものだ。日本にも進出したかった。今後はクロスセルや新商品の共同開発、当社のトリプルA格付けによる資金調達コストの低下など、相乗効果も期待できる。

 一方で三クレの現在の株価は、本当の価値より少し下がっていると思う。三クレの株式は大株主3社で60%を占め、流通性が低い。また、親会社だった三洋電機のイメージが悪い影響を及ぼしているためだろう。

2:三クレの経営陣は刷新するのですか? また、社名変更の可能性はありますか?

 役員変更は6月末の株主総会で行われる。特定の変更プランはないが、当社から数名の取締役を派遣する可能性がある。

 現在の三クレの大島祥一社長が代わる可能性はノーだ。社名変更もまだ具体的に決まっていないが、ブランドネームの観点で今後、三クレ経営陣の皆様と話し合っていきたいと思う。

3:(一部金融資産の内容に課題があると言われるため)三クレはリストラの必要性があるのでは?

 リストラなどせず、このまま伸ばしていきたい。3年後には、三クレのビジネススケールは大きくなっていると思う。三クレの従業員は減らすのではなく、むしろ拡充していく方向だ。

4:三クレと同様の法人金融事業を展開するGEキャピタルリーシングとのすみ分けは?

 三クレは小口顧客が相手だが、GEキャピタルリーシングは中堅クラスから大企業の顧客に直接訪問営業し、やり取りする。リース物件も三クレは事務・IT機器だが、キャピタルリーシングは大型サーバーや工作機械、医療機器、建機など、もっと高額な商品を扱っている。

5:金融ビジネスにおける、GEの中長期的な成長戦略を教えてください。

 日本市場は非常に大切で、たくさんのニッチマーケットがあり、当社のシェアはまだ伸びる余地があるだろう。今後3~4年後には、今より数倍大きくなっていたいと思っている。第一に内部成長。第二に、買収も機会が訪れたら継続的にやっていきたい。今後、日本では売り上げ、利益とも年率2ケタ成長を目指している。

(書き手:野村明弘 撮影:今井康一)

ジョン・フラネリー
1983年米フェアフィールド・ユニバーシティを卒業後、ユニバーシティ・オブ・ペンシルバニアでMBA取得。GEキャピタルで未公開株式部門などを歴任。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。