ふまじめ介護 田辺鶴瑛著

ふまじめ介護 田辺鶴瑛著

「ずぼら介護」だなんて、と目くじら立てることはない。内容はごくまっとうで、親3人を介護した女性講談師による悪戦苦闘の記録である。破天荒な介護物語でありながら、「介護とは?」の基本から実践的ノウハウに至るまで、実体験に裏打ちされつつ意外性に富んだヒントが随所にある。

ただし悪戦苦闘は過去形に変わった。途中から介護をむしろ楽しもう、気楽にやろう、学べるものもあるかもしれない、というふうに考えを変えたからだ。実際、認知症の義父とのやり取りなど漫才並みに面白い。これだけ発散できて、気持ちを軽く持てれば、つらい在宅介護も乗り切れそうな気がしてくる。介護老人は千差万別で応用問題は当然残るだろうけれども。

うるさい病人は適当に無視せよ、頑張りすぎてはいけない、介護のプロに大いに頼れ、家族で分業せよ、など具体的な助言はどれも参考になる。著者の個性が効果的で、専門家ではこうは書けなかったろう。(純)

主婦と生活社 1300円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
堕ちた名門アパレルの内幕<br>三陽商会の窮地

英バーバリー社とのライセンス契約終了で、三陽商会は赤字に陥った。2009年に契約見直しを伝えられていながら、なぜ対応できなかったのか。名門アパレルを蝕む企業病の正体に迫る。