インド経済を支えるスラム街

スラムはビッグビジネス?! ①

ツアーは大きく3つのパートを回る。

コマーシャルゾーン(商業地区)、レジデンスゾーン(居住地区)、

そして、マーケットゾーン(市場地区)である。

ダラビ住人の宗教構成は、50%がヒンドゥー、40%がムスリム、残り

10%が他宗教で、現在は争いごともなく平和に共存している。

ぼくらはまず、商業地区へ入っていった。

線路の向こう側にダラビの街が広がる

リサイクル業の現場

商業地区の主な仕事は、リサイクル業とレザーメイキング(革製品)だ。

全体の60~70%を占めるリサイクル業の現場を見学する。

工場というものはなく、小さな建物の中でおのおのが作業をする。

建物と建物の間は2メートルあるかないかくらいで、臭いもキツく、

もちろん補整などされていない。

そこら中にゴミが捨てられ、少し湿っている。

プラスチック、アルミ、ベジ用のオイル缶、銅、インク缶などがあり、

まずは仕分け作業から始まる。

仕分けられた後、プラスチックは高熱で溶かされ、棒状にして、

細かく刻み、パレットと呼ばれる小さな粒にして、乾燥させる。

再利用先は、飲料ペットボトルや食品トレイ以外のすべてのもの。

パレットは、1キロ当たり80~100インドルピー(130~170円)で

売買される。

ちなみに、そもそもリサイクル物を拾ってくる人をRag pickerと呼び、

拾得物は1キロ当たり20~25ルピーで売買される。

ほぼすべてがもともとゴミなのだ。

次ページ革産業の現場
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。