インド経済を支えるスラム街

スラムはビッグビジネス?! ①

で、ツアー当日、指定された集合場所であるマヒム駅の入り口へ。

この駅の反対側がダラビだ。

しばらくすると、ガイドらしき人が現れた。とても感じのいい男性。

胸には「REALITY」のシンボルである“目”のイラストが

刺繍されていた。

「じゃあ、さっそくツアーを始めましょう!」と言うと、ダラビの方へ

歩いていくガイド。歩きながら、いろいろ聞いた。

集合場所にも、たくさんの路上生活者が

 

合法スラムと違法スラムがある

現在、ムンバイのスラムには、ムンバイの人口の55%が住んでいる。

実に半分以上。数で言うと、約1210万人。すごいボリュームだ。

さらに、合法スラムと違法スラムというのが存在していて、

その定義は2000年より前に作られたスラムが合法、それ以降は違法だ。

合法スラムは、土地代を払う義務があり、違法スラムは払っていない。

つまり、勝手に作られたのが違法スラムである。

スラム住人というのは、政府の土地に住む人たちのことを言うそうだ。

ちなみに、ここダラビはもちろん合法スラムで、

1840年に建った家がダラビ最初の家だと言われている。

広さは約175万平方メートルで約100万人が暮らしている。

1人当たり1.75平方メートルだ。

次ページリサイクル業の過酷な現場
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。