家紋を探る 遊び心と和のデザイン 森本景一著

家紋を探る 遊び心と和のデザイン 森本景一著

家紋の始まりは平安時代の後期。貴族が自分の持ち物に好みの文様をつけて区別したところにその源流がある。鎌倉時代には遠目に敵味方を区別できるところから武士にも浸透。戦場での明快さを求めシンプルで大胆なデザインの多い武士の家紋に対し、貴族の家紋は複雑で繊細なものが多い。こうして考え出された文様に、江戸の人々は洒落と遊び心を込め洗練されたバリエーションを作り出し、それが伝えられ現代に至る。

著者は染色補正という生業を通して家紋に興味を持ち、仕事の傍ら研究を続けている。曰(いわ)く「家紋は和のデザインの到達点」。身近にふれることの少なくなった家紋の歴史や図柄の謎など、その魅力をわかりやすく解き明かす。

平凡社新書 798円

・Amazonで見る
・楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。