「むちゃぶり」から100億事業をつくる

元HP「伝説の社員」が語る新・リーダー論(1)

スマートフォンOSのAndroid、グーグル検索、ニコニコ動画、東京証券取引所の取引システムなど、世界中のありとあらゆるITシステムに活用されているLinux。そんなLinuxを「最も売った日本人」と言って過言でないのが、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)伝説の社員・赤井誠氏である。
当時、国内Linux市場でも最下位クラスだった日本HPで、赤井氏は突然、Linuxの全社横断プロジェクトのリーダーを「むちゃぶり」されることになる。「リーダーに向かない人」がチームを導く方法をつづった新著『リーダーにカリスマ性はいらない』の著者が、次世代リーダーシップのあり方を語る!

 ひとりの技術オタクが「伝説の社員」になるまで

「今すぐ社長室まで来てくれますか?」

メールの発信者は、ぼくが勤めていた日本ヒューレット・パッカードで社長していた樋口泰行さん。言わずと知れた現・日本マイクロソフトの社長だ。

「来期からスタートするLinux事業の全社プロジェクトですが、リーダーをやってもらえませんか?」

社長室で待っていた樋口さんは、いきなりこう言った。

35歳だったぼくは、迷わずそのオファーを断った。

新卒でHPに入社して以来、理系出身でエンジニア上がりだったぼくは、リーダーとしての経験がほとんどゼロだった。目の前の自分の仕事にコツコツ打ち込むのは好きだったが、自分よりも年上の社員もいる20人近くのプロジェクトチームを率いて、事業を立ち上げる自分の姿など、想像すらできなかった。

思えば、学生時代に運動部でキャプテンをした経験もない。そもそも「オレについてこい!」というタイプのキャラクターではないのだ。

しかし数年後、数千万円規模だった日本HPのLinux事業売り上げは、数百億円規模にまで成長し、国内市場シェア1位、HPグローバルでも世界ナンバーワンを記録することになる。

またそれ以来、世界各国のHP社員がぼくのところに相談の電話をかけてくるようになった。彼らは口をそろえてこう言っていた。

「『何かあったらMakoに聞け』と言われたんだけど……」

次ページとんでもなく「厄介な仕事」が降ってきた……
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。