東芝、英原発会社に約60%出資へ

仏電力大手から10%程度を追加取得

1月13日、東芝による英原子力発電事業会社ニュージェンへの出資が約60%になる見通しであることが分かった。写真は東芝のロゴ。都内で2012年5月撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 13日 ロイター] -東芝<6502.T>による英原子力発電事業会社ニュージェンへの出資が約60%になる見通しであることが13日、分かった。昨年末にはスペイン電力大手から50%を譲り受けることで合意しており、仏電力大手から10%程度を追加取得する。複数の関係筋が明らかにした。

英国では今後、老朽化した石炭火力発電所や原発の運転終了が相次ぐため、同国政府は電力確保に向けて原発新設計画を進めている。東京電力<9501.T>福島第1原発事故の影響で、日本国内での原発新設が難しい中、東芝はニュージェンからの原発設備の受注に向けて、同社株式の過半数を取得し、経営権を握る方針をすでに打ち出している。

東芝は昨年12月、スペインの電力会社イベルドローラから保有するニュージェン株式50%すべてを8500万ポンド(約140億円)で取得することで合意。交渉を進めていた同じく50%を持つ仏電力会社のGDFスエズからは約10%を譲り受けることで合意する見込みで、近く発表する予定。

ニュージェンは英北西部にある海岸沿いのセラフィールドに発電能力3.6ギガワットの原発建設を計画しており、建設用地も取得。東芝は1兆5000億円規模の案件となる原子炉「AP1000」3基の建設を見込む。

東芝の田中久雄社長は、原発納入後にはニュージェンの経営権を売却する意向を示している。英国の原発計画を巡っては、日立製作所<6501.T>も2012年に同国の原発事業会社ホライズン・ニュークリア・パワーを6億7000ポンドで買収。ホライズンの原発設備の受注が目的で、日立も将来的にホライズン株を売却する方針を示している。

(白木真紀)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。