グーグル、アドレス不要のメール送信機能導入

一部団体からプライバシー懸念の声も

1月9日、米インターネット検索大手グーグルは、電子メールを教えていない相手からもユーザーにメールが届くようにする新機能の導入を発表。昨年9月撮影(2014年 ロイター/Stephen Lam)

[サンフランシスコ 9日 ロイター] -米インターネット検索大手グーグルは9日、電子メールを教えていない相手からもユーザーにメールが届くようにする新機能の導入を発表。一部団体からプライバシーを懸念する声が上がっている。

新機能は、同社の電子メールサービス「Gmail」の連絡先リストの対象を広げるもので、既存の電子メールアドレスに加え、交流サイト(SNS)「Google+」のユーザー名も含まれるようになる。このため、相手がGoogle+を使用していれば、知らない人にも電子メールを送信できる。

グーグルは、2年半前にスタートさせたGoogle+を他のサービスと統合させる取り組みを加速しており、Gmailに登録すると自動的にGoogle+のアカウントも供与される。同社は、新機能が両サービスを利用するユーザーが友達とやり取りしやすくなると説明している。

これに対し、非営利団体「電子プライバシー情報センター」のマーク・ローテンバーグ事務局長は、かつてグーグルがGmailと連動させる形で導入した別のSNSサービスと類似しているとして、懸念を示した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。