香りや飾り付き、就寝用も登場! 市場拡大で進化する家庭用マスク


 花粉症対策やインフルエンザの感染予防だけでなく、防寒など日常でも用途が広がるマスク。全国マスク工業会によると、2008年度の生産量は前年度の19億枚を突破して過去最高を更新するのは確実だという。特に家庭用は前期比5割増の勢いで伸びており、メーカー各社は「高性能」「多機能」をうたった商品を続々と投入している。

業界首位のユニ・チャームは立体成型マスク「超立体」に注力。風邪用では細菌等の遮断性を維持しながら、息をしやすいようにマスク内部のフィルター素材を改良した。「長時間快適に付けられるように」と着用感も向上し、新たにピンク色の女性用も投入した。

ライバル各社も工夫を凝らす。ぬれたフィルターでノドの乾燥を防ぐ就寝用やハーブの香り付き、化粧崩れしにくいタイプなど機能の細分化が進む。中でも異彩を放つのが川本産業の「デコリマスク」。シールなどで飾り付けできるのが特徴で「マスク着用率の低い若い女性を対象にした」(川本産業)。

商品群拡大を受けてドラッグストアも売り場を広げている。昨年9月末から店頭展開を本格化したマツモトキヨシでは、「前期比6割増でマスクの売り上げが伸びている」。景気も気候も大寒を迎える中、マスク商戦は一層熱を帯びている。

(倉沢美左 =週刊東洋経済)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。