韓国企画財政相、円安警戒緩めず

「円安はある程度予想、必要なら対策」

1月2日、韓国の玄オ錫経済副首相兼企画財政相は、対ウォンでの円下落はある程度予想していたものの、必要なら対策を講じると述べた。ソウルで2013年7月撮影(2014年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[世宗 2日 ロイター] -韓国の玄オ錫(ヒョン・オソク)経済副首相兼企画財政相は2日、対ウォンでの円下落はある程度予想していたものの、状況を注意深く見守り、韓国経済への悪影響を緩和するため必要なら対策を講じると述べた。ウォンは対円で5年超ぶり高値を付けている。

玄財政相は記者団に「米国が緩和縮小に着手し、日本も独自のプログラムを強化している。したがって、円の下落は避けられない」としたうえで「急な(為替相場の)変動は経済にとって好ましくないため、政府は注意深く(状況を)監視している」と述べた。

同省高官はロイターに対し、政府が必要なら為替市場に介入する用意があると語った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。