習近平、改革の統括グループを指揮へ

市場の懸念は後退するか

12月30日、新華社は中国の習近平国家主席が改革の統括グループを指揮すると報じた。北京で11月撮影(2013年 ロイター/Jason Lee)

[北京 30日 ロイター] - 新華社は30日、中国の習近平国家主席が改革の統括グループを指揮すると報じた。

中国共産党は先月、第18期中央委員会第三回全体会議(三中全会)で大胆な改革案を承認。経済において市場が「決定的な」役割を果たすことを掲げ、改革の深化に向けた統括グループを創設する方針を明らかにしていた。

習主席自らが指揮を執るということは、1990年代に国営企業改革を推し進めた国家経済体制改革委員会よりも強力な組織になるとの意味が込められているとみられる。

また、国有企業といった既得権者の抵抗で改革が頓挫するといった市場の懸念が後退する可能性もある。

改革統括グループについては、李克強首相や上海市トップの韓正・市党委員会書記が指揮を執るとの観測があった。

*内容を追加して再送します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。