アベノミクス「2014年も買い」

大納会に初の現職首相出席、安倍首相がアピール

12月30日、安倍晋三首相は、東京証券取引所で行われた大納会で「来年もアベノミクスは買い」と宣言し、政権が進める経済政策の効果に自信を示した。写真は14日、都内で撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] -安倍晋三首相は30日午後、東京証券取引所で行われた大納会で「来年もアベノミクスは買い」と宣言し、政権が進める経済政策の効果に自信を示した。

1年間の取引を締めくくる大納会に現職の首相が出席したのは初めて。30日の東京株式市場で日経平均株価は年初来高値を更新し、2007年11月以来、6年1カ月ぶりの水準となる1万6291.31円で取引を終えた。

安倍首相は2013年の日経平均株価の上昇率がバブル経済の崩壊後で最大となる56.7%に達したことや、企業の収益と今冬のボーナスが増加したことなどに触れ、「3本の矢」による新たな経済政策によって「経済はマイナスからプラスに大きく転じた」と強調。景気が良い循環に入るよう「私も来年、一生懸命に頑張る」と述べ、「来年もアベノミクスは買いだ」と証券関係者らにアピールした。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。