鳥の仏教 中沢新一著

鳥の仏教 中沢新一著

チベットに伝えられる「鳥の仏教」と呼ばれる経典の翻訳を通じた仏教思想の入門書。カッコウに化身した観音菩薩が、森の深奥でほかの鳥たちとともに教えを語り合う物語の中に、「仏教思想のエッセンスがほぼ満遍なく網羅」されている。あわせて掲載されている解説に、著者の深い理解が示される。

鳥たちの語り合いには、世界は無常であること、死はいつやってくるかわからないこと、心を汚す行いから遠ざかることの大切さ、の三つの教えが通奏低音のように響く。人々ではなく鳥たちが話し合うことによって、あらゆる有情(心の働きをもっている存在)に対する慈悲の精神を説いているようでもある。読み進むうちに、以前いまひとつわかりにくかったダライ・ラマ14世が語る言葉に納得がいったから不思議だ。

木部一樹による20点の鳥の装画・挿画には、その鳥たちの心の内面も映し出されているようで、これも美しい。

新潮社 1470円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。