心の脳科学 「わたし」は脳から生まれる 坂井克之著

心の脳科学 「わたし」は脳から生まれる 坂井克之著

「わたしは何者か」という問いを突き詰めていくと、それは哲学に通じてしまう。人間の意識は、「現象」であり「物質」ではない。つまり、冒頭の問いは科学では扱えないものであった。

しかし、脳科学の世界は、それまで心とか精神という名で語られてきた現象が、脳という物質に還元され、そのメカニズムが着々と解き明かされつつあるという。МRIなどの脳画像研究では、なんらかの人の思考や感情が、脳領域のどこで行われているかが簡単に分かってしまうのだ。

本書は、脳科学の最先端とその可能性を認知神経科学者が考察したもの。併せて、すべての思考を脳という物質に還元してしまうことの倫理的な危うさにも言及している。

中公新書 945円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。