外国人の年金脱退一時金に注意

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第76回)

修行計画に暗雲

20082月、行政書士の先生に今後の修行について相談することになりました。場所はもちろん彼と知り合った三鷹の餃子専門店。彼は開口いちばん、「外国人を相手にする業務には向き不向きがあるが、翠さんはきっと向いていると思います」と言ってくれ、餃子専門店の女主人も「翠さんなら大丈夫よ」と応援してくれました。

彼は新年度からちょうど新規案件も増えるので、増員が可能かどうか社内を調整してみると言ってくれました。ただ、雇う場合は週2回という中途半端な勤務ではなく、フルタイムで来てもらう必要があると言われ、ここは決断の時と思いました。2月中にNHKでの仕事のために所属していたプロダクションに辞表を出せば、4月からフルタイムで勤務できるはずと期待が膨らみます。ただ、あまりにも話がとんとん拍子に進むので、狐につままれたような気分になりました。

この嫌な予感が当たり、しばらくして彼から連絡が入り、社内での反応があまりよくないとのこと。やはり、50歳間近という年齢のせいかもしれません。結局、2月中に話はまとまらず、順風満帆に思えた修行計画に暗雲が立ち込めてきました。

次ページ外国人に対しても住民基本台帳が適用
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。