貿易赤字が初の2カ月連続1兆円台

11月としては過去3番目の大きさ

12月18日、財務省が発表した11月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は1兆2929億円の赤字となった。都内で2011年2月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 18日 ロイター] - 財務省が18日発表した11月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は1兆2929億円の赤字となった。輸出の回復に力強さが欠ける一方で輸入が高水準を維持し、2カ月連続で1兆円台の大幅な赤字となった。

赤字は17カ月連続で、1979年の統計開始以来3番目の大幅赤字を記録した。これまでの最大は2013年1月の1兆6335億円、2番目が2012年1月の1兆4907億円。赤字が2カ月連続で1兆円台となったのは統計開始以来初めて。

先行きについて財務省では「変化ファクターがいろいろあり、確たることは言えない」(財務省筋)するにとどめている。

次ページ輸出は9か月連続で増加
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。