【林文子氏・講演】本当に心が満たされる仕事のやりがいとは何か(その7)

東洋経済新報社主催フォーラム「Employee Engagement Forum 2008」より
講師:林文子
2008年10月2日 ダイヤモンドホール(東京)

その6より続き)

●上司と部下という関係の醍醐味

 私が中央支店の後にフォルクスワーゲン東京へと移り社長職になったときでした。ある日、東名高速で帰ってきて、そして自宅に戻りましたら、私の家の生垣のところに人が立ってこちらを見ています。私は近眼なので、気持ち悪いなと思って玄関に入っていきました。そこに駆け寄ってきたのは、(その6)でお話しした新宿支店の海男だったのです。そのとき彼は、BMWを辞めてほかの会社で課長さんになっているとのことでした。「いや、実はですね。今、東名を走ってきたら、前に珍しい車が走っていた。誰が乗っているかなと思ったら、林社長だった。これは嬉しいと思って追いかけてきました」と彼は言いました。そして、目を見てくれることなんかなかったのにと思う人が、私の目を真っすぐ見て「社長、今日はお話があって」と続けました。「本当にあの節はご迷惑をかけました。僕は今ここで課長をやらせていただいて、あの当時、支店長にお教えいただいたことを、日々、部下に伝えています。今になって、本当に支店長の気持ちが分かります。僕も昔はほかの自動車会社にいて、BMWに転職しましたが、僕が学校を出てから勤めて、あれだけ僕に向き合ってくれた上司には、会ったことがありません。これからも恐らく無いと思います。あのとき教えてもらったことを、僕は全部部下に伝えたいと思います。本当にありがとうございました」と、ものすごく真面目な顔をして言うのでびっくりしました。最後に別れてから4年ぐらい経っていたのではないかと思います。

 ここで私は、この方に教えてもらいました。上司と部下の関係は、一時的なものではないのだと。私は彼と向き合っていた5年間、本当に何かうまく行かないと思っていたのですが、彼は辞めて3~4年して、こう言ってくれる。だからその出会ったその関係というのは、永続性のあるものなのだと。どうしても上司は権力を持ってしまいますので、そこで部下が言えないことはものすごくあるのでしょう。彼はそういう思いをたくさん抱えながら、私と5年付き合ってくれたのです。そして後でいろいろ反省して、こういうすごくありがたい言葉を私にくれたわけですね。上司と部下の関係というのは、本当に学び合いです。自分が彼をトップセールスにしたとか、自分が教えて成長させたとか思っているけれど、実はそれ以上に私は彼に教えてもらったのだと。これは、組織のありがたさだなと思いました。組織に生きた人間じゃなきゃ、このありがたさは分からない。これこそ上司と部下の関係の醍醐味ですね。
その8に続く、全8回)
林文子(はやし・ふみこ)
現・東京日産自動車販売会社・代表取締役社長。
東洋レーヨン、HONDAの営業経験などを経て、BMW東京株式会社の新宿支店長、中央支店長に就任。その後フォルクスワーゲン東京代表取締役社長、BMW東京の代表取締役社長、ダイエー会長のキャリアを経て現職に至る。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
経済の新常識<br>日本の今を「総括検証」!

追加緩和発動!風雲急を告げる日本経済を緊急解説する。景気、為替、経済対策などを賢人たちが徹底講義。加えて、「今」を読み解くための経済学の歴史、経済統計の見方も説明。

  • 新刊
  • ランキング