ティーガイアが原宿に出店したワケ

アップバンクとのコラボでアクセサリー販売強化

12月12日、女子中高生でにぎわう原宿・竹下通りに、ひときわ華やかなスマホアクセサリーショップ「App Bank Store 原宿」がオープンした。同店は携帯電話販売店首位のティーガイアとスマホアクセサリーの販売を手掛けるApp Bank Store社によるコラボ店舗だ。両社は8月にも新宿にコラボ店舗を出店しており、今回で2店舗目となる。

カラフルな店舗

画像を拡大
これもスマホ用のケース

赤とピンクを基調にした店内は実にカラフル、約1000アイテムが所狭しと並んでいる。若い世代に絶大な人気を誇る無料通話アプリ「LINE」のキャラクターグッズをはじめ、人気のゆるキャラ「ふなっしー」のグッズ、かわいらしいデザインのイヤホンやタッチペンも豊富だ。中でも充実しているのは、スマホアクセサリーで最も人気のあるケースの品ぞろえだ。派手な装飾が施された商品やキャラクター商品、一見ケースとわからないような風変わりな商品まで幅広くそろえている。

8月にオープンした新宿店では、メインの顧客は会社帰りのビジネスパーソンだった。だが、原宿店は10代の若い女性がメインのターゲットとなる。そこで、商品の平均価格を若干低く抑えつつ、さらに「実用性ではなく、かわいらしく目立つ商品を多くとりそろえているのが特徴」(販売スタッフ)という。中には仮面の形をした超大型のiPhone用ケースもある。

次ページ店頭は繁忙だが・・・・
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
中国シェア自転車<br>「野蛮な成長」で定着

2016年の本格導入から1年、猛烈な勢いで広がる中国のシェア自転車。一方、盗難、放置、車や歩行者とのトラブルなど課題も多い。13億人が行き交う中国で誰が覇者になるのか。