リスクと犠牲を教えない、日本のエリート教育

山折哲雄×竹内洋(その3)

 これまで「和魂漢才」と「和魂洋才」で生きてきた日本人。グローバル化が急速に進む中 で、日本人はあらためて「日本文明とは何か」「日本人とは何か」を問われている。これからの時代を生き抜くために、日本人に求められる教養とは何か――。 宗教学者の山折哲雄氏が、有識者との対談を通して、日本人の教養を探る。
 第3回目は、『教養主義の没落』などの著書がある竹内洋・京都大学名誉教授を迎えて、日本の教養と知識人について語る。
(企画協力:こころを育む総合フォーラム

※ 対談その1:日本の知識人は、なぜ「日本回帰」するのか

   対談その2:論争がシカトで終わる、情けない日本の論壇

山折:私は何度となくインドに行きましたが、最初にインドに行ったときにびっくりしたのは、においです。それまで視覚と聴覚で作り上げていたインドのイメージが、一挙にガタガタに崩れました。日本でインド哲学を学ぶ場合、テキストばかりを読んでいるので、その視覚を通した知識としてのインドのイメージばかりが出来上がる。そして現地を訪れて、嗅覚の世界に初めて直面したわけです。

そのインド体験が、ずっと尾を引いています。視覚を通して蓄積された教養、知識というものがいかに危ういか、脆弱なものか、思い知らされたわけです。インドが過酷な社会的環境の世界だったから、という理由もありますが、本質的にはヨーロッパだって同じだと思います。その社会が持っている歴史的なにおいというのはありますから。

ですから、視覚や聴覚によって得た知識を、嗅覚や触覚といった、もっと生命的な、生物的な感覚によって見直すということを繰り返さないと、単なる観念的な知識をもって満足する人間になってしまう。近代的な日本の知識人の持つ教養の頼りなさというのは、きっとその辺に関係していますよ。旧制高校の教養がしばしば問題視されるのも、結局、視覚や聴覚のレベルで終わった知識だったからでしょう。

竹内:かつて私は、イギリスのパブリックスクールについて調べたことがあります。最初は、現地の写真は見ているけれども、実物は見ていないという状況です。すると、どんどん美化するんですね。しかし、実際にイギリスに行って、現実に寮を見たり、写真には載っていない鞭打ちの部屋を見たりすると、印象が変わりました。

活字だけでヨーロッパを学んだ人は、非常に美化する傾向があります。丸山真男さんも、実際に欧米に行ったのは晩年ですよね。そうすると、頭でヨーロッパ像を作り上げて美化してしまうのではないですか。

山折:そうですよね。美化と完全化。

竹内:そういう意味では、戦後の大衆レベルでも、海外旅行というのは、ずいぶん日本人の海外に対する気持ちを変えました。ものすごく大きい体験知だと思います。海外に対するコンプレックスもあまりなくなりましたよね。

次ページ修学旅行は、インドかアフリカに
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。