スヌーピーと考える「しあわせってなあに?」

チョコとピーナッツバター…ふたつとも愛したよ。

世代も性別も超えて世界中で愛されているビーグル犬、スヌーピー。六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーでは、2014年1月5日まで、「スヌーピー展 しあわせは、きみをもっと知ること。」が開かれている。人生の機微を感じさせてくれる、大人向けの展覧会だ。10月のスタートから、すでに15万人以上の来場者を集めている。

テレビアニメーション「スヌーピーとかぼちゃ大王」セル画(1966年)© 2013 Peanuts Worldwide LLC

お人好しのチャーリー・ブラウン、ちょっと意地悪なルーシー、毛布が手放せないライナスなど、「ピーナッツ」には個性的な子供たちと一緒にスヌーピーが登場する。アメリカ人のチャールズ・M・シュルツさんが1950年から2000年まで描き続けた、新聞の連載漫画だ。掲載紙は75カ国、2600紙に上る。

会場ではその原画115点を中心に、「ピーナッツ」誕生までのエピソードや制作中のシュルツさんの映像、アニメーション、キャラクターグッズなどが紹介されている。

4本足だったスヌーピー

連載が始まった頃のスヌーピーとチャーリー・ブラウンはこんな感じだった。

画像を拡大
名コンビ登場 「ピーナッツ」原画(1950年11月25日) © 2013 Peanuts Worldwide LLC
1.さよなら…寂しいよ… 2.でも悲しまないで…前向きに考えるんだ! 3.長いあいだじゃない… 4.朝には会えるんだからね!

スヌーピーは4足歩行の普通の犬だった。チャーリー・ブラウンのシャツにはまだギザギザ模様がない。よく見ると、鉛筆の下書きがところどころに残っている。

次ページ心に染み入る谷川俊太郎訳
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。