本日発売、「パズドラZ」に描くガンホーの野望

売り上げ僅少でもコンシューマー機に進出するワケ

コミック誌やコンビニで布石着々

「パズドラZ」のイラストが描かれたピザの箱を手にする、山本プロデューサー

狙うは、ポケモンの再現。そのための布石も打っている。

小学生向けのコミック誌『月刊コロコロコミック』では、12月からパズドラZの漫画連載がスタートした。同誌の「発売がまてないゲーム」のランキングでは、ポケモン最新作を抑えてパズドラZが首位に立った。

また、パズドラZの発売に合わせて、セブン-イレブンやTSUTAYA、ピザーラとの連携イベントを実施し、店頭でのプロモーションも行った。

「アニメーション部分は作り直しを繰り返して、本当にクオリティが高い」(ガンホーの山本大介「パズドラZ」プロデューサー)ため、当然ながらアニメ化への期待も高まる。「今のところ、その予定はない」(同)とするものの、大型IPとなりうる下地は着実に整いつつある。

ガンホーの業績は足元も高水準が続いているものの、直近の2013年7~9月期は同年4~6月期と比べると減収減益となった。そのため、株式市場では「ピークを過ぎたのではないか」ともささやかれている。

はたして、パズドラは任天堂におけるポケモンのように、市場の不安を払拭し、今後もガンホーの屋台骨を長きにわたって支えていける大型IPとなりうるのか。パズドラZはその展望を占う、格好の試金石といえそうだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ゲーム大会がカネを生む<br>勃興するeスポーツ産業

ゲーム対戦を巨大スクリーンやネット配信で観戦するeスポーツ。近年、人気が高まり、2020年には世界で約1600億円市場に。東大卒「ときど」にプロゲーマーを選んだ理由を聞く。