宇宙論入門 誕生から未来へ 佐藤勝彦著

宇宙論入門 誕生から未来へ 佐藤勝彦著

アインシュタインから始まった相対性理論に基づく科学的宇宙論では、宇宙は唯一であり、それがビッグバン宇宙として始まって現在に至り、物理学の法則に基づいてその姿や進化の過程はきっちり決まっていると考えられてきた。が、超ひも理論の宇宙はこの考えを根底から覆した。あたかも「私たちの宇宙は人間が生まれるようにデザインされている」。実はこれは、私たちの宇宙が無数の宇宙の中で偶然そのような物理法則と次元の宇宙だったので、人類が生まれ、今その宇宙を認識しているにすぎない。

宇宙の加速膨張は続くのか、暗黒物質とは、などトピックな問題にも答える、宇宙の多重発生理論を提唱する宇宙学の第一人者による啓蒙書。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。