橋本真由美 ブックオフコーポレーション社長

橋本真由美 ブックオフコーポレーション社長

創業者の坂本孝会長に“リベート疑惑”が浮上、不適切な売上計上も発覚した。パート主婦で入社して、坂本会長の指名で社長まで登り詰めた橋本社長。この危機にどう向き合うか。(『週刊東洋経済』5月26日号より)

真相の究明が何より先決 “お茶濁し”は絶対しない

1:ブックオフの上場前に、本棚等の仕入先から坂本会長がリベートを受け取っていたなどと一部週刊誌が報じている。

 報道には本当に驚き、衝撃を受けました。株主や投資家の皆様、またお客様にも多大なご心配をおかけすることになり、申し訳なく思っています。しかし、こんなときにこそ、しっかりしなければならない。一日も早く株主やお客様の信頼を回復し、社員やスタッフのためにも、ブックオフのブランドを守っていく努力をいたします。

2:西武ライオンズ球団の「裏ガネ疑惑」で調査委員を務めた矢田次男弁護士を委員長として、調査委員会を発足させた。

 まず何よりも、真相を明らかにすることが先決です。坂本は報道内容を強く否定していますが、記事には具体的な部分もありました。上場会社としてきちんと説明すべき事柄と判断し、第三者による調査機関を設けました。矢田弁護士は「徹底的に調べる」と言っていますし、坂本も「全面的に協力する」と返答している。お茶を濁すような調査にはなりません。

3:一連の調査結果は、いつごろをメドに出るのか。

 株主総会に間に合うように6月中旬までに中間報告、7月中旬までに最終報告をいただくことになっています。事実関係の存否だけでなく、コンプライアンスや内部統制上の問題はなかったかなど、今後の再発防止策も提言していただく予定です。記事が出た後の対応は、素早くできたと思います。あとは調査結果を待って、その内容や提言に沿った形で、会社として対処していくことになります。

4:橋本社長は店の現場を重視している。社員やアルバイトにはどう説明したのか。

 社員の動揺が心配でしたので、迅速に動きました。週刊誌が発売される前日の夜、全国からエリアマネジャーや部門長など約60人を本社に集めました。記事が掲載されること、会社の対応などを説明して、それぞれの地域で「店長の顔を直接見て」、その内容を伝えるように指示しました。一昼夜のうちに、全国すべての店長に会社の考えが伝わったはずです。

 現場の揺らぎはまったくありません。ただ“ブックオフばか”と言えるほど、一途に会社を信じてきた人間が多い職場です。彼らの心のケアは、しっかりしていく必要があると思います。

5:会長への権限集中など、社内体制に問題はなかったのか。

 これまでも内部統制の強化を図ってきましたが、今回の件をいい機会にして、管理体制の総点検を行うつもりです。調査結果の内容を踏まえたうえで、何か問題が明らかになれば、適切な処置を施していきます。

(書き手:吉田正志)

はしもと・まゆみ
1949年福井県生まれ。69年一宮女子短期大学家政科卒業。90年ブックオフ直営1号店にパートとして入社。91年パート店長から正社員に。94年取締役、2003年常務、06年代表取締役社長兼COO。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。