14年日経平均は1万8000円、ドル110円

ロイターの市場関係者アンケート

12月3日、トムソン・ロイターがエコノミストやストラテジストなどを対象に実施した2014年相場見通しアンケートでは、年末にかけて株高・円安が一段と進むとの予想が多かった。都内の外為取引会社で撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[東京 3日 ロイター] -トムソン・ロイターが2日、エコノミストやストラテジストなどを対象に実施した2014年相場見通しアンケートでは、年末にかけて株高・円安が一段と進むとの予想が多かった。日経平均<.N225>のレンジ予想中央値は1万4000円─1万8000円、ドル/円は96円─110円。消費増税などを乗り越え、リスクオン相場が来年も継続するとの見通しが多数を占めた。

アンケートには33人が回答し、日経平均とドル/円の2014年中における高値と安値、その時期について答えた。それによると、日経平均の高値予想で一番多かったのは1万8000円、安値は1万4000円。1万8000円を付ければ07年7月以来の高値水準となる。高値を付ける時期は12月が10人と最も多く、年末高を見込む声が目立った。一方、安値は1月と6月がともに6人だった。

来年は日米欧など先進国景気の拡大基調を背景にリスクオン相場が続く見通しで、「(債券から株式への)グレートローテーションが緩やかに進む」(BNPパリバ証券・日本株チーフストラテジストの丸山俊氏)とみられている。

具体的な株価のサポート要因として、国内企業業績の回復や日銀の追加緩和などを指摘する声が多かった。

半面、米量的緩和縮小や消費増税実施に伴う国内景気の失速などが波乱要因として意識され、「(相場が)たびたび不安定化する」(ニッセイ基礎研究所・シニアエコノミストの上野剛志氏)との声も出ていた。

ドル/円の予想中央値は高値110円、安値は96円となった。ドル/円の110円は2008年8月以来の高値となる。高値をつける時期としては12月が最も多く、31人中15人が予想した。安値は1月との予想が7人で最多だった。

外為市場の全体的な動きとしては、緩やかな円安基調になるとの予想が目立った。米景気回復や日米の金融政策の方向感の違い、株高トレンドの持続などが理由として挙げられた。

ただ、ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの村田雅志シニア通貨ストラテジストは「消費増税後の日本景気は市場が見込むほど強いものではなく、米景気も金利上昇による下押し圧力が意識されやすい。テールリスク発現による円買いの動きも想定すべき」とした。

消費増税については、村田氏を含め日本景気に打撃とする回答が多かったが、「消費増税後も消費は衰えず、円安気味に推移する可能性がある」(邦銀)との声も出ていた。

*回答の概要は以下の通り

<株式>

●日経平均・高値

1万8000円 10人

1万7000円  6人

2万円      3人

その他      8人

●日経平均・安値

1万4000円  7人

1万3000円  6人

1万5000円  5人

その他      8人

●日経平均・高値時期

12月     10人

3月      4人

10月      3人

その他      8人

●日経平均・安値時期

1月      6人

6月      6人

3月      3人

その他      9人

<為替>

●ドル/円・高値

110円 10人

115円  6人

107円  4人

105円  4人

その他   9人

●ドル/円・安値

95円  10人

100円  6人

96円   3人

98円   3人

その他  10人

●ドル/円・高値時期

12月  15人

4月   4人

10月   3人

その他   9人

●ドル/円・安値時期

1月   7人

6月   5人

4月   4人

その他  14人

(マーケットニュース取材チーム 編集:田巻一彦)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
三菱商事vs.伊藤忠<br>なぜ今この2社が強いのか

伊藤忠・岡藤社長、三菱商事・垣内社長へのインタビューを一挙に掲載。業界トップに躍り出た伊藤忠、トップ奪還へ意気込む名門・三菱商事。2社を中心に5大商社の優劣を徹底検証。