記事広告アーカイブ

欧州経済のけん引役・ドイツNRW州で見出す
日本医療機器産業のチャンス

NRWジャパン

欧州市場の拠点として多くの日系企業が進出している独ノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州。
日本の成長戦略の柱に期待される医療分野でも、先端技術研究や医療イノベーションの先進的取り組みが進む地域だ。
今、日系の医療機器企業の進出先として注目されているNRW州の魅力を探った。

数多くの日系企業が進出する
ドイツ最大の産業州NRW

NRW州はオランダ、ベルギーと接し、欧州の真ん中に位置するヨーロッパ大陸最大のビジネス拠点だ。ドイツの州の中では最大の人口とFDIを誇る。ドイツ企業売上高上位50社のうち19社が同州に拠点を構え、州のGDPはEU内ではオランダ一国に比肩する圧倒的な規模だ。加えて、イノベーティブかつ競争的な中小・中堅企業が活躍するのも魅力だ。

株式会社エヌ・アール・ダブリュージャパン
代表取締役社長
ゲオルグ・ロエル

NRW州は日本との関係が深い。これまで日系企業約530社が進出。それに伴い、R&Dセンターの開設や大学との連携などイノベーションを後押しする活動も続々と推進されつつある。日本人が暮らすためのインフラも整っており、欧州市場における日系企業のビジネスハブの役割を果たしている。

そのNRW州が今、日本の医療機器関連企業の誘致に積極的に乗り出している。州経済振興公社日本法人「エヌ・アール・ダブリュー(NRW)ジャパン」(東京・千代田区)は今年10月に医療産業をテーマにしたシンポジウム「ドイツ・NRW州の医療技術ソリューションとホスピタル・エンジニアリング─ドイツにおける日本企業のビジネスチャンスとジョイントR&D」を開催。日系医療機器関連企業の進出を呼びかけた。

大都市地域NRW州 ドイツ経済の中心地

・GDP、FDI、人口の3指標いずれもがドイツ国内No.1
・州都デュッセルドルフを中心とした半径500㎞内に1億5000万人の消費者
・国内総生産(GDP)のEUランキングでは7位
・年間ビジター600万人を記録する世界最大の見本市拠点
・学生数は59万300人、そのうち6万6400人は外国留学生
・外国医療機器企業のドイツ進出先として堂々の1位
・全独の20%の大規模病院が集中
次ページ医療産業強化に必要な優れた海外拠点
お問い合わせ
NRWジャパン
NRWジャパン
東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート7F
 03-5210-2300
 http://www.nrw.co.jp