旧カネボウにも投資する老舗ファンドが解散へ、信用収縮がダメ押し

旧カネボウにも投資する老舗ファンドが解散へ、信用収縮がダメ押し

金融市場の混乱が続く中、企業買収を手掛けるファンドにも影響が及び始めた。

企業再生を手掛ける日系のプライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の老舗「MKSパートナーズ」(松木伸男社長)が、運営するファンドを来年いっぱいで解散する検討をしていることが明らかになった。同社は現在、国内と海外のファンド2本、合計約600億円を運営しているが、「金融機関からの借り入れ条件も厳しくなり、新規投資を実行する環境にない」として、ファンドに出資する投資家に対し、解散に向けた説明を始めた。MKS自体は存続するという。

同社は1982年の創業。アドバンテッジ・パートナーズ、ユニゾン・キャピタルと並び、日系PEファンド“御三家”の一角として草創期を担ってきた。ただ、ここ数年は社員の退職が相次ぎ、その動向は金融界で早くから注目されていた。

「ドーワワークスを最後に、だいぶ前から新規の投資を検討していなかった。マネージング・ディレクターが何人も抜けて、投資を実行できる体制になかったのではないか」と大手銀行の買収ファイナンス担当者は語る。実際、水面下で検討されていた投資案件に、買い手候補として最後まで残ることもなくなっていたという。

投資先の業績回復が芳しくないことも、ファンド解散の一因となった。産業再生機構の支援先でもあった衣料副資材大手の三景は、今年9月に伊藤忠商事に売却。価格は100億円超で、キャピタルロスになったもようだ。また、家電量販店のラオックスは、MKSが送り込んだ経営者の下での再建がうまくいかず、MKSが大株主としての持ち分を保持したまま、別の投資ファンド傘下で再建を目指す異例の形となった。

MKSが現在保有するのはクラシエホールディングスと福助、ドーワワークスの3社。福助は投資から約5年が経過し、昨年5月に豊田通商がMKS保有株を譲り受け、約23%保有の第2位株主となった。クラシエ、ドーワについても来年の解散までに条件面で折り合う買い手が現れるのかどうか。

「市場環境が落ち着けば、ファンドの資金集めを再開したい」というMKSの出口は、まだ見えそうにない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。