スマホ中毒の中学生はやがてパチンコ中毒に?

スマホ(携帯)中毒のわが子を更正させるには

グローバル化が進む中、親たちは、子供を世界で通用するエリートに育てるため、日々、努力を重ねている。しかし、若手マザーの中には、子育ての仕方がわか らず、周りの助言にも恵まれないケースも多い。そこで、一般的な家庭ながら、子供を国際弁護士、国際金融マン、海外著名大学教員、公認会計士に育て上げた 著者が、読者の皆様からの子育て相談に回答する。

 

今回はお子さんがゲームやSNSに夢中になって、勉強が後回しになっていることにお困りのお母様からのご相談について、考えてみたいと思います。

 【ミセス・パンプキンの子育て相談①】

 佐藤美夏(仮名)と申します。私には2人中学生の息子がいます。次男は気難しくて、成績が悪いです。その次男について相談です。小さい頃は本当に可愛くて溺愛していました。歴史マンガが好きでいろいろよく知っています。料理や植物を育てることも好きで、自分で決めたことはわりとしっかりやるほうです。
 ただ、自分が好きなことには熱心なのですが、必要がないと判断したことに対しては態度が悪く、忘れ物も多いのです。部活は中学2年の初めに勝手にやめてしまい、学校から帰るとブックオフや本屋やゲームセンターにも行っているようです。塾はほとんど毎日あるのですが、帰ってきてもお腹がすいていないと言って、夕食は22時くらいに一人で食べます。
 ここ1年ぐらい私や夫の財布からお金がどんどんなくなっている気がして、次男が盗ったのではないかと疑っています。次男は携帯ゲーム機を2種類、自分で勝手に買っていました。1台1万円ぐらいです。
 小遣い帳をつけさせていますが、小遣い帳につけていなかったお金で買ったといい、本当なのかどうかわかりません。それ以外にも大量にマンガやカード(ゲーム用の)を大量に買っていたりしています。1カ月の小遣いは2千円で、それとお年玉でもらったお金を自分で管理しています。
 私も夫も学生時代は成績がいい方だったので、できない子をどうやって育てたらいいのか試行錯誤しています。勉強も私が教えるとケンカになってしまい逆効果でした。夫が気長に教えてもやる気がなくて、とても苦労していました。

 最近では夫がうつ気味で、いろんなことを悩んでいるのですが次男のことで悩んでいるのを聞くと私もうつになりそうです。つらいので逃げたいぐらいですが、そうもいかず親として今後どうしてあげたらいいのか悩んでいます。言っても聞かない子なので放っておいて本当にいいのか。何をしていってあげたらいいのか、アドバイスお願いします。
【ミセス・パンプキンの子育て相談②】
 木村真理(仮名)と申します。中学3年生と高校3年生の受験生を子供に持つ母です。ご相談したいのは、次男のことです。もうすぐ、私立高校の受験先を決定しないといけない時期にもかかわらず、一向に勉強する気配がありません。
 集団塾にはついていけないとのことで個別塾に変更し、約2カ月になります。塾の予定のない日にも自習室に行く約束をしましたが、なんとかのらりくらりやり過ごしているだけの感じです。中間テストも十分な準備期間があったにもかかわらず、散々な成績でした。本人の学習意欲を向上させる方法をいくつか試してもみましたし、本人の思春期特有のわがままに付き合わず毅然とした態度で臨んでいるつもりですが、まだまだ甘いのでしょうか?
 悩みのひとつは、本人がSNSのラインや動画サイトを止められないことです。
朝一番に確認したり、塾の行き帰り、就寝前と……勉強の時間とどちらが長いのか?と、こちらの方が疑心暗鬼になり、ため息ばかりです。
 現在、通信(WiFi)の手段を撤去しましたので、塾の行き帰りにコンビニへ接続しに立ち寄っているようです。何度か注意しましたが、一向に聞き入れません。もう一度、自宅にWiFi設定することも考えましたが、本人のなすがままになりそうなので、現在は見合わせています。
 本当にどうしたものかと、悩んでいます。
次ページゲーム機を隠しては発見されるイタチごっこ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。