寂聴と磨く「源氏力」全五十四帖 一気読み! 「百万人の源氏物語」委員会編

寂聴と磨く「源氏力」全五十四帖 一気読み! 「百万人の源氏物語」委員会編

源氏物語は恋愛の教科書であるだけではなくて、一生のうちに誰もが経験する苦悩や挫折、虚しさもしっかりと描かれ、読むことで人生を生ききる力がついてくる。物語は進むにつれて単純な色恋だけで終わらない、人生の悲哀が描かれる。特に光源氏が老いて去っていく34帖若菜・上から41帖幻/雲隠、さらに孫や子どもの話になる42帖匂宮以降までに至ると、完璧ではない人間の生きるさまが丁寧に描きこまれる。

本書により全体を俯瞰し、漫画(大和和紀『あさきゆめみし』)で登場人物の顔を覚え、それから現代語訳を読み、さらに原文にあたってはどうかと瀬戸内寂聴は薦める。FMラジオの好評番組をベースに物語の基本要素を盛り込む。

集英社新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。