記事広告アーカイブ

攻めの経営を支える情報活用の最前線

Microsoft Dynamics フォーラム2013

企業経営資源としての業務データをITを通じて有効活用、効率化し社員がより働きやすいビジネス環境を整えることでダイナミックなビジネス展開を可能にする。
マイクロソフトERP(Enterprise Resource Planning)製品群「Microsoft Dynamics」。その活用を探る「攻めの経営を支える情報活用の最前線 Microsoft Dynamicsフォーラム2013」が10月、東京・新宿区で開催された。

3回目となる今回は、参加者が昨年比で1.5倍に達し、アベノミクス、東京五輪開催決定で、好循環期を迎えていることを背景に、グローバルでの標準的システムとなっている「Dynamics」に対する企業の関心の高さをうかがわせた。

グローバルスタンダードとしての「Dynamics」

日本マイクロソフト株式会社
執行役Dynamics ビジネス本部長
日隈 寛和 氏
日本マイクロソフト株式会社
代表執行役 社長
樋口 泰行 氏

マイクロソフトでは、グローバルスタンダードとしての「Dynamics」を重点的な注力分野としている。顧客の中には、M&Aした海外企業が「Dynamics」を利用しているため、国内でも導入したという企業もあり、世界標準は徐々に日本にも浸透してきている。基調講演に立った日本マイクロソフト社長の樋口泰行氏は「グローバルに全体最適を目指すITガバナンスの動きが強まっている」と述べ、海外で普及している「Dynamics」を採用する意義を強調した。

もう一つの強みは、国内で圧倒的に広く使われている「Microsoft Office」、「Skype」、情報管理統合プラットフォーム「SharePoint」など、他のマイクロソフトの製品群との親和性が抜群で、連携しやすい、ということだ。樋口氏は「マイクロソフトの情報基盤と合わせて、ERPを機動的に運用できるので、導入後のお客様満足度は非常に高い」と自信をのぞかせる。

「Dynamics」は昨年度、世界で12%の伸び、日本でも6年連続の二桁成長を記録。トータルで世界35万社、500万ユーザーに採用されている。そうした実績は品質面での安定につながり、樋口氏は「品質の問題が私の所まできたことはない」と語り「Dynamicsは自信を持ってお薦めできる」と導入検討を呼びかけた。

次ページグローバル標準のシステムに最適
お問い合わせ

 

日本マイクロソフト株式会社

 

●お電話でのお問い合わせ

03-5787-4327
  (平日 月曜~金曜10:00 - 17:00)

 

●オンラインでのお問い合わせ
http://www.microsoft.com/ja-jp/dynamics/contact-us.aspx