シャルレが創業家社長を解任、だが一族が大株主であることに変わりなく、波乱再演も

シャルレが創業家社長を解任、だが一族が大株主であることに変わりなく、波乱再演も

女性下着の訪問販売を展開するシャルレは12月2日、創業家の林勝哉社長を解任(取締役に降格)した。後任社長には執行役の岡本雅文氏が就任した。シャルレは、創業家一族とモルガンスタンレー系の投資ファンドによるマネジメント・バイアウト(MBO)を目指していた。だが、株式の公開買い付け(TOB)価格の算定などをめぐり、林氏が不適切な関与を行っていたことが発覚し、突然の社長解任、という異常事態を招いた。

シャルレがMBOの実施とTOBへの賛同を表明したのが9月19日。しかしその後、林社長が関与してTOB価格を低く算定した等の内部通報があり、シャルレは10月26日、第三者による調査委員会を設置した。31日には同委員会から、林氏が「不当に関与した疑いも拭えない」等の調査報告書が提出された。シャルレはこれを受けて、11月7日にTOBへの賛同を一旦撤回、12月2日になってTOBへ賛同しないことを表明すると同時に、林社長の解任を発表した。シャルレは取締役に降格した林氏と、同じく創業家一族の取締役である林宏子氏に対して、取締役の辞任も勧告している。

MBOが成立すれば、シャルレは上場廃止となる見通しだったが、今回の政変でMBOは成立しない公算が濃厚となった。そもそもMBOの狙いは、事業の構造改革を株価や株主の意向に、あまり左右されずに進めることにあった。主力商品である女性肌着やインナー類の販売はジリ貧が続いている。訪問販売、という形式も時流に合っているとは言えず、新たなチャネルマーケティングも業績回復には必須となる。今2009年3月期の業績は経費の先送り等で増益を見込むが、翌10年3月期は減収減益の可能性が大きい。

お家騒動が発覚した翌日、12月3日のシャルレの株価は425円のストップ安、上場来安値を更新するなど、株式市場では失望売りが膨らんだもようだ。緊急事態による社長交代とはなったものの、創業家一族は発行済株式の約28%を握る大株主であることに変わりはない。今後、創業家側の「逆襲」という第2幕があっても不思議ではない。
(吉田 正志)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益
連本2008.03  46,363 2,548 2,809 -1,971
連本2009.03予 27,700 2,800 2,900 2,100
連本2010.03予 26,000 1,800 1,900 900
連中2008.09  12,957 1,382 1,429 1,118
連中2009.09予 11,500 800 900 400
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2008.03  -101.7 30 
連本2009.03予 108.4 0-30 
連本2010.03予 46.4 0-30 
連中2008.09  57.7 0 
連中2009.09予 20.6 0 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。