ニッポンの「デザイン」が世界を席巻する日

世界のデザイン周期を大胆予測

 

前回“TED”についての記事を書きました。

この“TED”という言葉。3つの言葉の頭文字です。どんな言葉の頭文字か、おわかりになりますか?

EとDとは?

“T”は、多くの方が正答されると思います。Technology(テクノロジー)です。では、“E”と“D”は何でしょう?

“E”は、Entertainment(エンターテインメント)。“D”は、Design(デザイン)です。

何も知らなければ、“E”はEducation(教育)、“D”はDevelopment(成長)などと思ってしまいそうです。日本人は学校を卒業しても何かに縛られたがるようです。何か枠組みに乗っかって、自分の正当性を示そうとするのかもしれません。エンターテインメントは休日の遊びでやるもの。デザインも本筋とは関係のない、遊びなもの、そう思っているかもしれません。

そして、日本は「技術」は大切にしますが、それ以外のところはおろそかにしがちです。スティーブ・ジョブズがデザインにこだわったのとは対照的ですね。

しかし、人を巻き込みムーブメントを起こすためには、エンターテインメントやデザインが必要です。なぜならば、エンターテインメントやデザインは、心の底からの体験や体感を呼び起こすからです。

今の日本では、デザインは二の次になっているようです。おそらく、誰にでもわかるデザインを考えるとか、皆が楽しめるエンターテインメント要素というのは、島国の日本人には苦手なのだと思います。

しかし、グローバルで見ると、必要です。他国に伝わるように伝えないと意味がないからです。そのような意味で、今は猿マネかもしれない。けれど、TEDの手法を取り入れてみたらいかがでしょう?

次ページデザインを日本人が頑張る必要はない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。