進化する軽、スズキ「ハスラー」が開く新境地

注目株はホンダ「S660」だけじゃない!

12月24日に発売される「ハスラー」

11月23日から一般公開が始まった東京モーターショー。軽自動車では、ホンダのオープンスポーツカー「S660コンセプト」に注目が集まっているが、スズキ、ダイハツ工業の2強も個性的な車を開発している。

スズキが12月24日に発売する「ハスラー」は、軽のSUV(スポーツ用多目的車)。アウトドア好きをメインターゲットにした新しいタイプの車だ。最大の特徴はその収納力。簡単な操作で助手席部分から荷室まで、ほぼフラットにすることができ、サーフボード、スノーボードのような大きな荷物も楽に積み下ろしできるように仕上げた。また、ぬれた釣り道具やアウトドア用品などを気兼ねなく収納できるように、各所に防水加工が施されている。

さまざまなオプションを用意

画像を拡大
オプションの幌(撮影:鈴木紳平)

ハスラーの売りは、ほかにもある。海や川で簡単な着替えができるように、バッグドアに取り付ける幌が取り付けられるなど、必要に応じて付加できるオプションがさまざま用意されている。

「自分の好みに合わせて、カスタマイズできるのが売り」(スズキ)だ。カラーバリエーションも明るいオレンジ、ピンク、水色などから、暗めのカーキ、シルバーなど、あわせて11種類用意した。価格は明らかになっていないが、130万~150万円ぐらいになるとみられる。

次ページダイハツは「着せ替えるクルマ」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。