中国当局、銀行に理財商品の公表義務付けへ

シャドーバンキング実態解明へ、14年から開始

11月22日、中国の規制当局は国内銀行に対し、保有する理財商品と呼ばれる高利回りの金融商品の詳細について、新たに報告を義務付ける。北京で3月撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[上海/北京 22日 ロイター] -中国の規制当局は国内銀行に対し、保有する理財商品と呼ばれる高利回りの金融商品の詳細について、新たに報告を義務付ける。4人の事情に詳しい関係筋が明らかにした。来年から実施する。

理財商品は、銀行が預金に代わる高利回り商品として販売。調達した資金は多くがバランスシートに計上されず、ノンバンクを通じて不動産開発など高リスク部門への融資に利用されている。中国「シャドーバンキング(影の銀行)」の代表的な商品だ。

新たな規制では、銀行は中央預託清算機関(CCDC)が管理する登録制度を通じて、保有の理財商品や関連の取引について公表する必要がある。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。