お風呂テレビが静かなブーム、ワンセグ放送で使い勝手が向上


 入浴中に視聴できる防水液晶テレビが売れている。数年前にもブームはあったが、最大の違いは地上デジタル放送のワンセグ対応である点。チューナーとの無線接続が主流だったアナログ放送用と違い、本体を浴室に持ち込むだけで手軽に視聴できる。メモリーカードなどを使った番組録画機能も搭載され、使い勝手が格段に向上。浴室用テレビは年20万台規模のニッチ市場だったが、今年は30万台突破が予想される。

人気の火付け役は、パナソニックが6月に発売した「ビエラ・ワンセグ」。ポータブル製品としては大画面の5インチ液晶を採用し、明るいボディカラーが女性に受けた。家電量販店で「お風呂ビエラください」と指名買いもあるという。「通常、デジタル製品は発売3カ月で売れ行きが鈍るが、これは月1万台ペースが続く」(同社デジタルAVCマーケティング本部)。ソニーも10月末、液晶テレビのブラビアシリーズで防水テレビを発売。4インチ液晶で、充電池とアルカリ乾電池の併用で最長23時間視聴できる。キャンプなど屋外への持ち出しにも向く。

家電量販店にはこの2強を軸に、三洋電機やツインバード工業などの製品も出そろう。実勢価格では2万~4万円と、アナログ放送用の5万~7万円より安いのも特徴。手軽さと値頃感が人気を後押ししている。

(杉本りうこ =週刊東洋経済)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。